ロレックスのオーバーホールで評判の業者を比較しました!

HOME > ロレックスのオーバーホール情報 > ロレックスのオーバーホールを行う上での重要ポイント

ロレックスのオーバーホールを行う上での重要ポイント

ロレックスのいわゆる機械式時計をオーバーホールという形で持っていく場合、あらかじめ押さえておいた方が良いポイントがあります。
重要なポイントを理解することは、大事な時計を長持ちさせることに結び付きます。
まず第一に、保証書といった必要な関係書類をきちんと保管しておくことが挙げられます。
自分自身の時計をいつあたりにオーバーホールに出すことが望ましいのかを忘却してしまったケースで重宝するのが、ロレックスを買い入れた時にもらった保証書、あるいは前のオーバーホールした際の納品書です。
保証書においては購入年月日それから、納品書においては作業の完了日が明示されているため、その日時をチェックすれば次のオーバーホールの日程が計算できますので大事に保管することが重要になります。


また、オーバーホールの見積があったら、1週間内に原則として答えを示すことが重要です。
ロレックスのオーバーホールを要請すると、数日した後には見積が出ます。
オーバーホールの必要な作業そのものは、見積に対しまして返事を出してスタートするので、見積があったら1週間内に原則として返事を行ないましょう。
通常の場合、1週間反応を示さないと先方より問い合わせがあります。
更に2週間ぐらい返事を行なわないでいますと、家に返送されることも可能性としてあります。
ひとたび返送が行なわれると、必要な作業に関しては、ふたたびゼロからとなってしまうため、頭に置いておくようにしましょう。
また、原則としてオーバーホール期間を早くすることが難しいといえます。
オーバーホールにおいて、数週間が必要なのは必要な作業の順番待ちということではなく、製造メーカーが決めたマニュアルに沿いながら分解並びに洗浄といった作業や耐久性といった検査を厳しい目で何重にも実施しているからです。
したがって、オーバーホール期間を短くすることは実際的には不可能です。
その点もしっかりと頭に入れておきましょう。


ケースやブレスそれから、風防についた傷に関しては、どれぐらい小奇麗になるかを把握する事も重要です。
研磨作業によって傷を除去して綺麗にすることは、要するに表面そのものを傷の深さに至るまで削り取って修正するということです。
その結果、溝ができるくらいの非常に深い傷のケースでは、研磨によりまして傷を無くすことは出来ません。
非常に深く削り取ってしまうとケースの形状が変形したり、ブレスもピンが抜け易くなるので、傷を取り除けるのは表面に薄めで付いたかすり傷ぐらいと頭に入れておきましょう。
風防のケースでは、ロレックスはサファイアクリスタルのため、修復に関しては実現できないので日常的に大事に扱うことが重要になります。
また、時計内に対して水が入った場合、迅速に専門家に対して相談することが必要です。
たった1日でも内にサビが生じてしまうので水が入っている旨を通知すれば、最適な処置の実施法を教えてくれるので、可能な限りスピーディーに行動をしましょう。

▲ ページトップへ