ロレックスのオーバーホールで評判の業者を比較しました!

HOME > ロレックスのオーバーホール情報 > ロレックスのオーバーホールの依頼先の選定ポイント

ロレックスのオーバーホールの依頼先の選定ポイント

ロレックス利用者が抱えている課題となるのが、オーバーホールの依頼先を何処に決定するかということです。
あらためていうまでもなく、日本ロレックス社に委託することが安心出来ますが、ロレックス利用者には製造メーカーではない選択肢を有している方もかなりいます。
あまたある時計ブランドの中にあっても、日本ロレックス社のメンテナンスにつきましては、他の製造メーカーと比べて優秀で信用に値することで有名です。
時計のメンテナンスにあたって、費用は問題でないとならば、迷うことなく日本ロレックス社へお願いするべきでしょう。
日本ロレックス社の修理センターにおいては、常に100人をオーバーする時計技術者が仕事をしており、ロレックスに精通している技術者に任せられるので万全です。


ただし、日本ロレックス社にお願いする場合に留意すべき点があります。
これは、やはり高価なメンテナンス料金です。
オーソドックスな3針時計であっても、50.000円位のオーバーホール料金が必要です。
メンテナンスのための期間にも影響されますが、部品料金込みで100000円をオーバーする見積もりも、よくあります。
以上のように、日本ロレックス社へのオーバーホールは、高価格がウィークポイントといえるでしょう。
日本ロレックス社など数多くの製造メーカーは、できるだけ部品を取り替えようとしますので、その分だけコストもかかります。
ロレックスだけに限らず、機械式時計に関しては5年に一度程度のメンテナンスを必須条件としますから、そのコストを減らしたい人にとりましては日本ロレックス社のメンテナンス費用は悩ましいといえます。


製造メーカーではない依頼先となりますと、民間運営の時計修理店に対しての依頼になります。
時計修理店選考は容易ではありません。
ロレックス修理専門といった看板を前面に打ち出している数々の時計修理店がありますが、大切なロレックスを預けるというわけですから細心の注意を払って選択しなくてはなりません。
ロレックスに精通している時計技師は当然の事、とりわけロレックスにあたっては専用ツールがなければオーバーホールが出来ません。
ロレックス専用ツールがないにもかかわらず、ロレックス専門を標榜している専門業者も存在しますから留意することが大切です。
それから、ロレックスといった高級時計で一番重要なことはロレックスの純正部品の入手が可能か否かということです。
このことは、修理店選考には欠かせない条件となります。

▲ ページトップへ