ロレックスのオーバーホールで評判の業者を比較しました!

HOME > ロレックスのオーバーホール情報 > オーバーホールを日本ロレックスにお願いする利点と留意点

オーバーホールを日本ロレックスにお願いする利点と留意点

ロレックスといったいわゆる機械式時計につきましては、異常を来たすと修理に出すという事でなく、決まった期間ごとのオーバーホールによりまして、しっかりとメンテナンスを敢行することによって継続して使うことができます。
それを現実にするには、最低限でも5年毎にオーバーホールすることが求められます。
あらためていうまでもなく、こうした配慮が、大切な高級時計を結果的に長持ちさせることに結び付きます。
ロレックスをオーバーホールする際に絶対と言っていい程の悩み事がオーバーホールを日本ロレックスに依頼するか申し込まないかということになります。
ロレックス利用者にとりまして、こうした問題はとても悩みますが、プラス面とマイナス面が存在しますので、きちんと理解したうえで決定すると賢明でしょう。


日本ロレックスに対してオーバーホールをお願いする代表的な利点は、決定的な安心感といえます。
たくさんある時計ブランドの商品の中にあっても、ロレックスのアフターフォローに関しては高く評価されています。
修理センターには、数多くの時計技術者が勤務に就いており、製造を中止されたモデルでも中止から30年は、ストックされていますのでオーバーホールができます。
加えて日本ロレックスによってオーバーホールを済ませた時計は、あたかも新品になった状態で戻ってきます。
さらにロレックスは、コピー、あるいは改造品対策に極めて神経質な企業として認識されており、オーバーホールの見積もりを受け入れてもらえた時計は正真正銘の物として認定されたといえます。
その結果、質屋、あるいは買取業者が買い入れたロレックスを、日本ロレックスにオーバーホールの申し込みをすることで、真贋を判断することもあるくらいです。


日本ロレックスへオーバーホールをお願いすることの留意点は、オーバーホールに求められる費用が高い金額であることです。
オーソドックスなデイトジャストでもオーバーホールのコストとして50000円は必要になります。
その上、一切オーバーホールに出していないケースでは、部品交換料金がかさみ、100000円をオーバーする見積額もよくあります。
日本ロレックスは製造メーカーですから、積極的に新たなるパーツと換えたがるためコストがかさみます。
また、日本ロレックスにオーバーホールをお願いする場合には、百貨店、あるいはデパートを介して委託すると手数料がプラスされるので、全国のサービスセンターにダイレクトに持ち込むか、或いは郵送を通じてお願いするようにしましょう。
サービスセンターへダイレクトに持ち込むならば、受け付け窓口が月~金曜日の9:00~16:30に行く必要があります。

▲ ページトップへ